スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
被災者の気持ち
2011/04/07(Thu)
お互いの近況報告を兼ねて弟と色々話をします。
弟は最近になってようやく交代で休みを取れる状態になったと言っておりました。
自衛隊員の気力体力共に限界だったので、これで少し充電できるとホッとした様子で
ありました。
少しずつ(それでも遅いほうだそうですが)物資も行き届きつつあり、ライフラインも
復旧し始め、まだまだ大変ではあるものの、前進しつつあるとのこと。
なので、そろそろ娯楽が欲しくなる頃だと言っておりました。
被災地以外のところではお金を使って経済を回して、被災地には義捐金や物資も当然
ありがたいのだけれども、実際に足を運んで歌や笑いなどを届けて欲しいと訴えていました。
かりゆし58が被災地に来て歌を歌ってくれたのがとても嬉しく励みになった、
テレビではあの悲惨さは伝わらない、人を励ますことのできるひとたちにもっとたくさん被災地に
来て欲しいと言っておりました。
売名なんて思うのは第3者だけで、被災者は感謝こそすれそんなこと思わない。むしろいつまでも
忘れずに心の支えにするだろう、と。
弟の声は震災直後に比べだいぶ明るくなっていたように思いましたが、言葉の端はしに今回の
震災がどれほどむごいものだったのか、救援活動に携わるすべての方たちの任務がどれほど過酷で
あるかも感じ取られ、どうかその献身的な活動が少しでも報われるよう願わずにはいられません
でした。
ほでなす大臣の「処分するぞ」発言には弟も憤慨しておりましたし、「自衛隊は暴力装置」などと
発言する輩が副官房長官に返り咲くというのでありますから、毎日が脱力の日々であります。

故郷の変わり果てた姿を目の当たりにしながらも、自分は毎日何事もなく過ごしていることに
若干の罪悪感を覚えてやりきれない毎日であります。


敬称略させていただきました。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。