スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
職人さん
2013/06/19(Wed)
最近少し自分の時間が持てるようになったので、買ってから箱も開けずに3年、
しまいっぱなしだったミシンの封印を解き、子供服を作り始めたのであります。
物づくり、特に細かい作業も苦にならない自分でありましたが、
裁縫だけはどうにも苦手でできるだけ避けて通ってきたのであります。
しかし、幼稚園によっては手作りのグッズが色々と必要になるという話を聞き、
それならば試しに子供服を、と一枚作ってみましたらば、
とても楽しいことに気付いたのでありました。
買うだけだったときは、子供服は高いなあと思っておりましたが、
作ってみたらば細かい作業が多くて時間もかかり、
きれいに作ろうと思えば丁寧さも必要になるのであります。
初めて子供の肌着を買ったとき、なぜ縫い代が表に出ているのだろうと疑問に思ったので
ありますが、新生児の肌に縫い代があたらないように気配りされていると知って
なるほどなあと感心したりもしました。
今では、職人さんはすごいなあ、と尊敬の念で一杯であります。

先日、麻生財務大臣がコンビニの前でアイスを食べている画像を見つけたのでありますが、
スーツのシルエットから立ち姿までまあ美しいことこの上なく、久しぶりに眼福でありました。
スーツはスーツで、麻生大臣が一番美しく見えるように作られており、
麻生大臣はそのスーツが一番美しく見えるように体型や姿勢、立ち居振る舞いを常に美しく保つ、
それを自然にさらっとこなしてしまうところが、やはり育ちの良さなのだろうなあ、と
しみじみ思うのでありました。
麻生大臣のスーツは、縫製もとても綺麗なんだろうなあ、と画像を見ながらうっとりして
しまったのでありました。
麻生大臣も、職人さんも、どちらもプロフェッショナルだなあ。




スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。