スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
求道者
2010/02/26(Fri)
オリンピックのフィギュアスケート競技が男女ともに終わりました。
全体的に点数が高かったなあという印象であります。
高橋大輔選手の演技が大好きな自分としては銅メダルが取れて良かったと心から思っております。
最後の決めポーズには号泣でありました。何度見てもいいです。
本田武史選手の後に日本の男子でこれだけの表現力、見せる演技ができる選手が3人も出てくるなど
とは思ってもみませんでした。なんという贅沢な時代だろうと思うのであります。

4回転を飛ぶか否かで色々と議論がありましたが、4回転なしで完璧だったライサチェクと、
4回転を飛んでステップ、スピン等に全盛期の面影がなかったプルシェンコと、どちらが強かった
のかはよくわかりません。
こういってしまってはなんでありますが、プルシェンコやヤグディンの全盛期が化け物なので
あって、ライサチェクも言うまでもなくいい選手だと思うのであります。
プルシェンコにしてみれば、自分が金を取った時よりも進歩がない状況に思うところがあったで
しょうし、しかしながら他の選手たちにしてみれば採点システムを考えるとメダルのためには
冒険もできないというジレンマ。
4回転の採点における評価(女子はトリプルアクセル)がもっと高ければ、チャレンジャーも増えて
モヤモヤしたものが残らないのでしょうけれども。難しいであります。
見ている方はともかく、選手個人に後悔や傷が残ったり、あれで自分は正しかったのだ、と言い
聞かせなければならなくなりかねないシステムはいかがなものだろうと思ったりします。

個人的にはプルシェンコの演技スタート時の後ろ姿に何ともいえないオーラを感じました。
背中だけであれだけ存在感を出せる人もそうはいないと思いますし、しびれたであります。
トリノの時よりも貫禄がありました。あの部分の静止画なら1日見ててもいいであります。

女子はキムヨナ選手のスケートはとても美しかったですし、浅田選手の気迫は凄まじいものが
ありました。
ただキム選手の150点という点が出た時には(点数に関してのみで言えば)正直驚きを隠せませんでした。
GOEというシステムにはどうにも馴染めないであります。
浅田選手は目の前でキム選手の150点を見た直後によくトリプルアクセルを2回も決められたものだと
思います。
「鐘」というプログラムには賛否いろいろあったようですし、浅田選手には合わないという意見が
フィギュアファンの中にも多数あったようですが、合うか合わないかを考えることも自分を知ると
いう意味で大事だとは思いますが、これまでのイメージを破って新しい自分を作り出すということ
も同じように大事なのだと思うのであります。
素晴らしい挑戦だったと思いますし、あのプログラムを完璧に自分のものにした浅田選手を想像
するとゾクゾクします。いつか是非みてみたいものであります。

オリンピックを見ていてフィギュアスケートという競技で大切なものは一体何なんだろうと改めて
考えてしまいました。
答えなど出るはずもないのでありますが、行き着く先はやはり「銀のロマンティック」なのかなあ
と思うのであります。
選手の立場からすれば、順位をつけられる競技でありますからトップに立ちたいのは当然でありま
しょうが、私としてはその人がいかにスケートが好きで、どうしても表現したいものが
あって氷の上にいるのだ、という気概といいますか、フィギュアスケートでなければ駄目なのだ、
という強い意志といいますか、そういうものを体一杯に発散させて欲しいであります。
そういう意味で、浅田選手の完璧な「鐘」を是非見たいと思うのであります。
色々なプレッシャーがあったなか、弱冠19歳の娘さんがトリプルアクセルをショート・フリーで
3回も決めて銀メダルを取ったというのにミスに悔し泣きしている様子を見て、本当になんという
フィギュアに対する志の高さだろうと感動したのでありました。

安藤選手はトリノからよくここまで持ち直してきたなあ、と脱帽であります。
彼女をトリノに選んだのは協会であったにも関わらず、彼女自体の天真爛漫さというか若干の
暢気な言動が災いしてこれまた若い娘さんには酷すぎるほどのバッシングでありました。
当時急激に伸びて来た浅田選手が年齢制限で出られなかったこと、実力のある中野選手が選考され
なかったことなども拍車をかけたように思います。
普通だったら心が折れてスケートをやめたくなるだろうほどに日本中からの非難を浴びていたよう
に思いますが、本当にこの4年頑張ったのだなあと思わせられる演技でありました。

そして鈴木選手のウエストサイドストーリーも良かったなあ。
初めてあのステップを見た時あまりの躍動感にこちらの体も揺れてしまう程でありました。
見ていて幸せな気分になるです。

ともあれ、選手の皆さんは本当に素晴らしかったです。男女全ての代表が入賞するなどとは
快挙以外の何ものでもないと思うのであります。
これからも熱い演技を見せていただきたいと一フィギュアファンとして心から願うのでありました。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<チャレンジという大義名分 | メイン | 銀のロマンティック>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hankokura.blog59.fc2.com/tb.php/120-992c6ba9

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。