スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
銀のロマンティック2014
2014/02/21(Fri)
今日の浅田選手のフリーの演技に言葉もなくなりました。

正直、ショートを見ていて、どうしてそこまでトリプルアクセルにこだわるのか、
ノーミスで滑りきれるプログラムだって作れるだろうに、どうして賭けのようなジャンプにこだわるのか、
演技の後に呆然とする浅田選手をみていて、胸がつぶれそうな気持になりました。
「あの子は大事なところで必ず転ぶ」
などと言われてしまう(悔しい。本当に悔しいであります)ジャンプをなぜ飛ぼうとするのか
、わからなくなりました。

でも、今日のフリーを見て、そんな風に楽な感想に逃げようとした自分が恥ずかしくなりました。
あのショートを見た人たちの中には、もうこれ以上浅田選手が傷つくところを見たくない、
だから、浅田選手を信じてフリーの演技に期待すること、をあきらめてしまった人もいると思います。
私がそうでありました。
勝つことやオリンピックで金メダルを取ることが目標にならないわけはないのですが、
浅田選手が目指していたものはそれを飛び越えていたということを、今日のフリーで気づかされました。遅すぎであります。
4年前のバンクーバーから、浅田選手の目指していたものは変わっていなかったというのにであります。

フィギュアスケーターとして今現在できる最高のところに到達したい、
シンプルで清々しくて誇り高い姿勢を、今日のフリーで目の当たりにさせられました。
複雑化する採点方式の中、挑戦するよりも無難にまとめたほうが良い成績が得られるという不条理な状況の中、
浅田選手は挑戦を続けることでフィギュアの進化を止めることに結果的に歯止めをかけてくれたのであります。

見ている人たちの望みは一つ、純粋に凄いものが見たい、に尽きると思います。
今日は凄いものを見せてもらいました。
本当に幸せであります。



スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<頑張るお母さん | メイン | アンパンマンに感謝>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hankokura.blog59.fc2.com/tb.php/153-c5423d7a

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。