スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
始まりました
2008/09/10(Wed)
総裁選が始まりました。
まだ記者会見は見ていないのですが、フジテレビでの候補者それぞれに
対するインタビューはとても面白かったです。
麻生幹事長の発言や書いたものは、自分から進んで見たり聞いたりして
きましたが、他の方々に関しては殆ど知識がありませんでした。
今回の総裁選を、支持率を上げて総選挙を戦うためだとか、総裁選ごっこ
とか野党の党首の方たちはおっしゃいますが、それは何も自民党にだけ
与えられた特権ではないのではないかと思います。
少なくとも私は、今回麻生幹事長以外の候補者の方の話を聞いてみて、
あの空間がとても面白いものに思えました。
民主党も、総裁選をやることで自民党の支持率が上がる(というか
上がってしまう)と思っているのであれば、自分達も代表選をやれば盛り
上ったでしょうし、支持率も上がったのではないか、と思うのですが。
結果的に具体的な政策論争などで今の悶々とした状況が少しでも
変わるかもしれないのならば、ガンガン盛り上がって
いただきたいと思う次第です。

5人の総裁候補の方達は、今回総裁選を戦うというよりも、もっと何か
違うものとも戦っているような雰囲気を感じました。
麻生幹事長の言葉に共感するのは、今も変わりませんが、
今回のインタビューを見て与謝野候補の言葉の感覚が
好きだなー、とちょっとワクワクしてしまいました。
「小沢さんと違う所」という質問に、
「バカになれること」と返したところや、
「テロ特措法を通すまで解散しないと約束できるか」という質問に
「通さなければならない法律」と言った後に、
「解散のことを云々するのは、全ての総裁選候補者にとっては僭越なこと
です」と答えたり。
去年の総裁選の時に「キャラがたつ」という言葉が出ましたが、
今回の候補者の方達も、結構キャラがたってると思います。
キャラだけでも困るのは勿論なのですが。
みなさん、小沢党首のことを「できないことをできるという」と評して
いましたが、人間現状がつらいと「できるかもしれないなら一度やらせ
てみれば」などと根拠もなく思ったりします。
そう思う心理もよくわかるのですが、自分はもう少し踏んばろうと
思っています。

今ニュース23を見ているのですが、タイトルの字体やスタジオの明かりが、
なんだかこれから怪談でも始まるのかというような暗さで、
やはりテレビというものは作る人間のさじ加減一つなのだなあと思った
次第です。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<新宿で演説が | メイン | キュウリがない>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hankokura.blog59.fc2.com/tb.php/46-b12b0325

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。