スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
合コンにて
2008/12/19(Fri)
合コンといっても私のではなく、さらにもう20年も前の話ですが。

同じバイト先で働いていた女の子が、唐突に、
「聞いてくださいよ、昨日合コンやったんですけど」
と話しかけてきました。
「ほう、合コンかね。若いというのはいいねえ」
「相手が広告代理店の男子だったんですけど」
「恋の花は咲いたかね」
「なんか皆、延々と自分の自慢話ばっかして」
「咲かなかったのかね」
「中の一人の男子なんか、ソファーの背もたれにしゃっちょさんみたいに
のけぞって、

『まあこのへんのおっきな企業は大体俺のてちゅうにおさまったからね』

って自信満々にいうんですよ」
「てちゅう?」
「てちゅうですよ、てちゅう」
「しゅちゅうじゃなくて?」
「てちゅうですよ」
「多分しゅちゅうといいたかったんだろうね」
「でもてちゅうですよ、てちゅう」
「で、カップルはできたのかね」
「できるわけないじゃないですか。だっててちゅうですよ」
「てちゅうか」
「てちゅうですよ」

端から見ているとちゅうちゅううるさかったかもしれませんが、
事程左様に言葉というのは無意識に間違って覚えてしまっていることが
ままあります。
私も、人非人という言葉を「じんぴにん」と覚えていて、それにんぴにん
だよ、と指摘されて恥ずかしい思いをしたものです。
いいとこ見せたい時でも、無理に背伸びしないほうがよいでありますね。



スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<下手の横好き | メイン | 消しゴム版画 そういうのはもういいんだよ>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hankokura.blog59.fc2.com/tb.php/68-932ceedd

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。