スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
総裁選
2012/09/17(Mon)
総裁選であります。
谷垣総裁は本当にお疲れ様でしたという気持ちであります。
自由に意見を言えるということは良いことだと思います。
しかし気づかないところで誰かが障害物をよけたり受けたりしてくれている
ということでもあると思います。
自分が最前線に立った時、自分一人で大きな風を受け止めなければならないことを、
知った上で総裁を目指すのか、後で気づくのか、
必要なのは前者であると思われますが、果して誰が次の総裁になるのでありましょうか。

候補者の方がた(今日現在3名)から投票のお願い電話がありました。
あらかじめ録音してあるものを自動的に流すタイプのものであります。
安倍元総理は、冒頭で谷垣総裁への3年間の労いと感謝の言葉を述べて
いらっしゃいました。
やはり一度総理総裁を経験していらっしゃるので色々と思うところがあるのだろうなあと
思ったです。
谷垣総裁の3年間にどのような思いがあっても、党としては火中の栗を拾って
最前線に立った方でありますから、それなりの敬意を一言はらった上で言いたいことも
言っていただけたらまた印象も違うのだろうなあと思ったのでありました。
総理を狙える総裁選だからといって、
そのへんをとっちらかして前へ前へと進むだけでは周りの人にも引かれてしまうと
思うのでありました。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
早いもので
2012/06/07(Thu)
子供も1歳半になりました。
最近毎日があっという間に過ぎていく感じがします。

常に日中は子供と二人きりの生活なので、時々煮詰まることもあるのでありますが、
子供の成長とともに何を欲しているのかが少しずつわかってきて、
だいぶ余裕ができてきたように思うのであります。
毎日なにかしら新しいことをやってみせてくれるので、
それが張り合いになっているのかもしれません。

それでもどうにも一人になって息抜きをしたくなる時もあり、
預けて出かけたりもするのですが、30分もするとなんとなく不安になり、
予定を切り上げて帰宅することもしばしばであります。

生まれたての何もわからずに右往左往していた時期も、
何をやっても泣き止まずに辛かった頃も、
今は懐かしさすら感じるようになりました。
あの時期の自分は本当にしんどかったはずなのですが、
そのしんどさを思い出すことができず、すっかり忘れてしまったのであります。
きっとこれからも、古い辛さはどんどん忘れ、
新しいことにあたふたしながら毎日生活していくのだなあと思うのでありました。




この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
春なのに
2012/04/03(Tue)
懐かしいタイトルであります。
四月になって教育テレビの番組出演者が大幅にかわりました。
それはもう想像以上の変更でありました。
子供ができてからというもの、大人向けの番組はほとんど見られず、
一日中ほぼ教育テレビを見ております。
例外はヒルナンデス!くらいでありましょうか。
特にいないいないばあっは最強で、子供の食いつきが半端ではなく、
その間に家事を急いでやる毎日であります。
見始めてみると子供の番組が意外にもとても面白く、いつの間にか録画しまくるように
なったのであります。

シャキーン、のあやめちゃん。えいごであそぼ、のジェニー、ケボ&モッチ。
おかあさんといっしょ、のまゆお姉さん。そしてみぃつけた!、のスイちゃん。
世の常とはいえ卒業はさみしいであります。みんな大好きでした。
えいごであそぼ、のエリックは残留と聞きましたがまだ自分の目で確認しておらず、
気が気ではありません。
いないいないばあっ、のゆうなちゃんはまだ1年目だったので卒業はないだろうと
思ってはいたのでありますが、実際に4月の放送で確認するまでは不安でありました。
ゆうなちゃんは明るくて元気で歌もダンスも思い切りがよくて、
見ていて気持ちが良いのであります。
いずれ来る卒業の時には二、三日寝込んでしまうかもしれないのであります。

そんな親を横目に当の子供は新しく変わった番組をみていつも通りはしゃいでおります。
これではどちらが子供なのかわからないのでありました。

この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
文藝春秋
2012/03/24(Sat)
文藝春秋の麻生元総理のインタビュー記事を読みました。
以前よく演説を聴きに行った時のことを思い出すような、
相変わらず明瞭快活な文章でありました。
特に、喧嘩は数が多いほうが勝つのに少ないほうが内輪もめしてどうする
というくだり(谷垣総裁に対する自民党内の批判に対して)の言いえて妙な例えには
笑ってしまいました。
もっといろんなところでこれからの日本に関しての話をしていただきたいものであります。

ここのところ少々疲れ気味だったのでありますが、
育児の疲れが政治家の政治に関する文章で払拭されるという
なんだか不思議な感じであります。
やっぱり麻生元総理は相変わらず晴天の似合うかっこいいお方なのでありました。



この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
あっという間に
2011/10/08(Sat)
子供がつかまり立ちをするようになりました。
すっかり目が離せなくなったのであります。
はんこどころか絵を描くこともままなりません。
それでも少ない自分の時間に子供の絵を描いたりしております。
絵も描かないと描き方を忘れるなあとしみじみしたのでありました。

この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
被災者の気持ち
2011/04/07(Thu)
お互いの近況報告を兼ねて弟と色々話をします。
弟は最近になってようやく交代で休みを取れる状態になったと言っておりました。
自衛隊員の気力体力共に限界だったので、これで少し充電できるとホッとした様子で
ありました。
少しずつ(それでも遅いほうだそうですが)物資も行き届きつつあり、ライフラインも
復旧し始め、まだまだ大変ではあるものの、前進しつつあるとのこと。
なので、そろそろ娯楽が欲しくなる頃だと言っておりました。
被災地以外のところではお金を使って経済を回して、被災地には義捐金や物資も当然
ありがたいのだけれども、実際に足を運んで歌や笑いなどを届けて欲しいと訴えていました。
かりゆし58が被災地に来て歌を歌ってくれたのがとても嬉しく励みになった、
テレビではあの悲惨さは伝わらない、人を励ますことのできるひとたちにもっとたくさん被災地に
来て欲しいと言っておりました。
売名なんて思うのは第3者だけで、被災者は感謝こそすれそんなこと思わない。むしろいつまでも
忘れずに心の支えにするだろう、と。
弟の声は震災直後に比べだいぶ明るくなっていたように思いましたが、言葉の端はしに今回の
震災がどれほどむごいものだったのか、救援活動に携わるすべての方たちの任務がどれほど過酷で
あるかも感じ取られ、どうかその献身的な活動が少しでも報われるよう願わずにはいられません
でした。
ほでなす大臣の「処分するぞ」発言には弟も憤慨しておりましたし、「自衛隊は暴力装置」などと
発言する輩が副官房長官に返り咲くというのでありますから、毎日が脱力の日々であります。

故郷の変わり果てた姿を目の当たりにしながらも、自分は毎日何事もなく過ごしていることに
若干の罪悪感を覚えてやりきれない毎日であります。


敬称略させていただきました。
この記事のURL | 未分類 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
安否の確認を
2011/03/16(Wed)
親とやっと連絡が取れました。電波状況が悪かったため怪我がないことを確認する
のがやっとでした。
友人とも連絡が取れました。自分の方が大変なのに心配かけてごめんねと言われました。
まだまだ親兄弟友人知人親戚と連絡が取れずつらい思いをしている人がたくさんいます。
サンドウィッチマンのお二人がおっしゃってましたが、無事であることを伝えたいのに
伝えられないのがつらいのだ、と。
被災による物資の困窮によるストレスだけでなく、そういった精神的なストレスも
いかばかりかと思います。
サンドの伊達さんが強くコメントしていましたが、もう津波の映像はいいから、
自分の大事な人に自分が生きていることを伝えたくても伝えられない人たちのために、
マスコミは協力していただきたいものであります。
自分たちのやりたいことではなく、被災地の人たちが必要としていることをどうかやって
いただきたいであります。
何も失っていない人間が、すべてを失って呆然としている人たちの前で、
高い位置から自己満足のポエムを電波を使って垂れ流す、なんていうのは
自分ちの便所の壁にでも向かってやっていて欲しいであります。

石巻市ひとつとっても合併で範囲が広がりましたから、石巻、とだけ言われても
町名まで言っていただかないと正確な情報が伝わりません。
現に、石巻でも港近辺と内陸部ではだいぶ被害が違います。
自分の実家も、津波による被害はないといっても地震による被害はひどく、
ライフラインは全滅で、物資、主に燃料の盗難などが増えているという情報があります。
現地の人たちはパニックでどうすることもできないのであります。
だからこそ被災地で動ける第三者の方たちには、被災者の方たちを少しでも安心させて
欲しいと切に願うのであります。





この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
東北地方太平洋沖地震
2011/03/15(Tue)
親とはまだ連絡が取れません。
石巻湊町で働く友人とも連絡が取れません。
弟とはやっと連絡が取れました。
救助活動をするにも駐屯地の損害がひどくまずはそちらを立て直さなくては
ならないとのこと。
精神的に参りかけていた様子でしたが、ネットで調べた親の居住地の状況を
伝えたら、状況が少しわかっただけでも良かった。何もわからないのが辛すぎる。
これで頑張れる、と言って電話を切りました。

東京都知事が、今回の震災を天罰だとのたまったそうです。
老人は時に頑固です。発言を撤回する様子はなさそうです(翌日撤回されました)。
今この状況でそういう発言をすることにどれだけの生産性があるのでありましょうか。

サンドウィッチマンのお二人は気仙沼で被災したそうです。
その足で仙台、東京と移動し現在は募金活動のために動いているとのこと。
富澤さんはブログのコメント欄を安否確認用に開放してくださっています。
なかなか情報が得られないなか、どれだけ助かるか。
その行動力に頭が下がります。
私もできることを頑張ろうと思います。


「吉川団十郎」で検索してこのブログにたどりつく方がいらっしゃいます。
私も気になって団十郎さんのサイトの日記を見てみましたが、
10日で更新がとまっています。
おそらく停電でネットができないのだろうと思いますが、
ご無事であることを祈ります。

近所のドラッグストアではオムツとミルクが品切れで困っております。
なぜ東京でそのような事態になるのでありましょう。
2、3日で改善されるだろうとのことですが、どうか買占めは控えていただきたい
ものであります。



この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
気がついたら
2011/02/14(Mon)
半年以上も更新をしておりませんでした。
子供が生まれてからというもの毎日が格闘でパソコンに向かう時間がなかったので
あります。

それにしても、妊娠というのは人の体を変えるものだなあと驚いております。
高齢だったこともあるのか、手の指の関節が痛くて曲がらなくなりカッターが
握れなくなりました。
出産後しばらくしてようやく治りましたが、もうこのまま指が以前のように使えなく
なるのでは、と不安になったものです。

これからもしばらくは更新できない日々が続くと思われます。
もっとも当初のはんこ倉庫という状態に落ち着いているということでもあります。
新しいはんこはいつになったら彫れるかわかりませんが、今でも麻生元総理のファンで
あることには変わりがないので、いつかまた彫れたらいいなと思っております。



この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
もうすぐ参院選
2010/07/09(Fri)
苛々は精神衛生上良くないのでめっきりニュースを見なくなっていましたが、
そうこうする内にいつの間にやら総理大臣が代わっておりました。
もうすぐ参院選であります。
街に貼ってあるポスターを見ながら、言い様のない脱力感を覚えるのであります。
衆院選から約1年たちましたが、投票する側もされる側もあまり危機意識に変化がない
ように見え、自分も含めて学習能力がないなあと思うのでありました。
そういえば、掲示板の、地獄の業火を操る候補のポスターの前で若い人が写メを撮っていました。
ああ、この人また出るのか、最早様式美だなあ、などと思いながら、そんな風に思う自分が
いいんだか悪いんだかわからなくなったのでありました。
また日曜の夜は選挙速報だなんだで不謹慎なお祭り騒ぎになるんだろうなあ。
うんざりであります。

選挙が近いからか、自分の周りではちょこちょこと子供手当に対する不満が聞こえてきます。
衆院選の前後にはそんなことはなかったのでありますが。
喫茶店では50代くらいのお姉様がたが「子供手当なんて意味ないわ」とこぼしておられました。
目玉の政策であれば認知度が違いますからそれだけ意見も増えるでありましょうが、
今さらなあという感じも致します。
その目玉につられて票を入れた人たちが沢山いたから現在があるわけで。
では納得がいかないのであれば一旦選挙前に立ち返ってあの時の民主のマニフェストを自ら
洗い出してみるのかというと、そこまでの労力は費やしたくない人が殆どでありましょう。
マスコミからの情報があてにならない現在、自分の生活は自分で守らなければならないので
ありますが、なかなかこれが難儀なことであります。

できないことを具体的な根拠も示さずにできる、と言いはっていざやらなければならなくなった
途端にやっぱりできません、謝ればオッケーでしょ?大体本当ならばできるはずだったのに
できなくなったのはそれまでの政権が全て悪いから自分たちには責任はないですよ、だから
次の選挙でも自分たちに一票いれてね、って寝言は寝て言えな状態の?泙??∪?泙箸いΔ里
本当に悪夢でありますです。

選挙結果、果たしてどうなることでありましょう。

追:
私は某野党のネットサポーターだったり致しますが、そこから届くメールが
「総裁名(愛称)」なのに違和感を覚えるのであります。
愛称は支持者から自然発生的に生まれるのが理想で、当事者から提案するものではないのでは
ないかと思うのでありました。
アイドルではありませんし、政治家ですし、まして組織の目下の人間が総裁の愛称を
既成事実化しようというのはなんというか、自分には馴染めないであります。
大変な状況で頑張っているであろう総裁のことを思うとなおさらであります。
総裁自らが言い出したことでないことを願うのでありますが。
敬意が無しに親近感だけが先走ると良いことはないように思うのであります。
老婆心でありますが。

この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。